うつ、自律神経系の症状

自律神経系の症状でお悩みの方は、病院に行ってもきちんとした病名が付かなかったり、検査をしても異常なし、にもかかわらず不具合は続いており、不調と不安は解消されない。

そのうちに、更に様々な症状が増えてきて、不安と恐怖が増し、どうして良いか分からなくなる。

そんな事を経験されている方が多いのではないでしょうか。

不安や恐怖にさらされていると、自分自身の心や身体の疲労も更に蓄積、気持ちのコントロールがより難しくなったりすることで、また色々な症状も誘発される、という悪循環にはまってしまうケースです。

気分の浮き沈みが激しくなったり、気力喪失、不安、イライラ、慢性疲労、ストレス耐性の低下、さらには、頭痛、耳鳴り、倦怠感、めまい、視覚異常、脱力感、食欲不振、動悸、発熱、下痢、吐き気、不眠、生理不順、胃腸の痛み、胃潰瘍、パニック症による心臓の痛みや狭心症のような症状、さらに呼吸困難等の症状が現れることもあります。

その結果、学校や仕事に行けなくなり家にこもってしまう、眠れない、物を食べることも不安になる、仕事も手につかず、ましてやPCの画面も見ていられない、

資料が読めない、仕事をしようにも身体に力が入らない、職場や学校にいることにも耐え難い、等、通常の生活に支障を来たすことも多々あります。

健康な生活のみでなく、本来自分が持っていた明るさや快活さ、友達や家族との関係をも失ってしまう危険性もあります。

カイロプラクティックにはそのような方々の心の奥に潜んだ、とても深い苦しみや悩みを解決できる可能性があります。

病院でうつや自律神経の病気として診断された場合、薬に頼ることになるのは現代の医学の必然かもしれませんが、一度薬に頼ると、いわゆる薬漬けになり、後戻りできないことも多いようです。

当院の施術は、交感神経・副交感神経のバランスの乱れの改善や脳脊髄液液やリンパの流れの改善と、これらを阻害する要因である身体の歪みの矯正に重点を置いています。これらの症状が、交感神経、副交感神経、脳脊髄液、リンパの流れにとても深く関係しているためです。

そして、身体全体のバランスを少しずつ整えることで、人間の身体が元々持っている自ら治癒する力を十分発揮できる状態に近づけ、薬などに頼ることなく様々な不調を改善することを目指します。

睡眠薬なしでは眠れない方や、睡眠薬を飲んでも眠れない状況にあった方が、数回の施術で眠れるようになった例もあります。既に薬から離れられない方も、徐々に薬の量を減らして普通の生活ができるようになっておられます。

もちろん、日々の生活の改善等においては患者さんの努力も必要です。でも、症状の改善に向けた努力により、少なからぬ方々が健康な普通の生活を取戻すことに成功されています。

自律神経の疾患の要因と特徴

自律神経系の疾患と言えば、いわゆる自律神経失調症、うつ病、パニック症候群などと診断される症状が代表になります。もちろんそれらの病名がつけられない不具合もあります。

自律神経は我々の身体のとても多くの部分をコントロールしています。心臓や胃腸など内臓も、無意識下で自律神経によってコントロールされています。そのため、自律神経系の疾患によって、胃や腸の症状が現れることも多いのです。

また、自律神経の乱れは、副腎皮質に影響を与えアドレナリンの分泌を増やします。アドレナリンは、血圧を高くし、動悸を激しくし、血糖値を上昇させ、さらに全身の交感神経も緊張させます。

ですから、先に述べたような、気分の浮き沈みから、頭痛、不眠、食欲不振、各部の痛み、アレルギー症状、パニック症候群、呼吸困難等々、非常に広範で多彩な症状が現れると言われています。

そのような症状と悩みは、出方に本人にも理解しにくい「むら」のあることも多く、健康な人々から理解されにくく、親・兄弟・姉妹であってもなかなか理解してもらえません。そのため、一人で苦しまなければいけないという寂しさやつらさが加わることもあります。身近な人々から、わがままだと言われたり、ときには努力が足りないなどと叱責されることもあり、人に言えない苦しみに悩まされておられます。このような状況は、ただつらいだけでなく、それ自体がさらなる悪化の原因になることも多いのです。

このような状況は、それ自体が自律神経の症状を悪化させるという、負のスパイラル(悪循環)を生み出し、さらに症状を悪化させるだけでなく、身体の歪みや交感神経、副交感神経のバランスも悪化させてしまいます。

私も自律神経の障害を抱えていました

実は、私自身が成長期のストレスや姿勢の癖から、身体の歪みを発生させ、長年、腰痛、各部の体調不良、自律神経の絡む多くの問題を抱えていました。

骨盤や背骨の歪みは数々の体調不良の原因となり、パニック症による激しい動悸や不眠、特定の食べ物への激しいアレルギー症状にまで及んでいました。

激しい動悸が起きたときには何度も病院に行きましたが、このような自律神経系の症状は心臓の検査をしても異常なしとされ、治療の対象にはなりませんでした。でも、発生する症状は病気と全く変わりません。激しい動機が続いている間は、「ああ、私の命はこれまでか・・・」と、心底思う程の恐怖に駆られるわけです。それも、何か明瞭な原因があって直ぐに発症するなら因果関係も分かりやすいのですが、例えば2週間も前に受けたストレスのせいで、そんなことを忘れてしまっている2週間後の夜中、突如発症する、などということも起こるのです。当時はわけも分からずただ恐ろしく、今でも本当に辛かったことを思い出します。でも、今から思えば薬付けになることだけは拒否して、本当に良かったと思っています。

その経験から、精神的ストレスや身体の歪み、自律神経の障害をかかえている方がいらっしゃったら、なるべく早めに対策を講じられる事をお勧めします。成長期のお子さんであれば、なおさらです。不調を抱えている期間が短ければ短いほど、改善までの期間も短くなる可能性が高いからです。

相談できる人や、それらの症状の苦しさを理解してもらえる協力者を得ることも大きな助けになります。きちっとした対処ができれば、ちょっとしたきっかけを与えることで立ち直れる可能性もあるのです。そして前向きになり悪循環を断ち切ることで、改善される可能性も格段に高くなると言えるのです。

当院の施術

当院の施術は、うつ、自律神経系の疾患、ストレス、慢性疲労、頭痛等にも効果が期待できます。

当院の施術は、ソフトに歪みを矯正、さらに交感神経、副交感神経のバランスの調整、脳脊髄液やリンパの流れの改善を行うことに重点を置いています。当然ですが、プライバシーにも配慮し、皆さんの不安や懸念、心の準備状態をもふまえながら、十分な説明を行い、安心して施術いただけるよう配慮しています。

このような症状は、改善の兆候が見られますと、プラスの循環が始まりはじめ、「自分が苦しんでたことが信じられない」と言う程になられる患者さんが多いのも特徴です。そして、多くの患者さんが身体の変化に敏感ですので、多くの方が最初の施術から変化を感じられることが多いようです。

ただ、脳神経系の薬を長期間常用されている場合には、改善が難しい場合が多いことは申し添えておきます。

うつ、自律神経系の疾患に対する施術

1⃣JNT整体法で筋肉の緊張をほぐします。

マッサージとは異なり、揉みほぐすのではなく、非常に穏やかに身体にタッチあるいはゆっくりと動かすことで、筋肉と神経に、「もう緊張しなくても良いよ」というシグナルを送ります。仙骨、腰椎、胸椎、頸椎、を中心に肩甲骨、手足胯の関節等まで、ソフトな施術を行い、肩、腰、背中、首、手、足、各部の筋肉の緊張を和らげます。

2⃣ブロックテクニック

骨盤や背骨の歪みが原因となって、脳脊髄液やリンパの流れ、交感神経の乱れを生じることがあります。そのような、骨盤や背骨に矯正を行なうため、症状によって異なりますが、うつや自律神経失調症、パニック症候群等の症状にもブロックテクニックによる骨盤矯正を適用させて頂きます。症状が酷くて眠れないと悩まれている方が、ブロックを入れて暫くすると、寝息を立てておられ、矯正が終わって起こされて始めて自分が眠っていたことに気付かれることもしばしばあります。

3⃣クラニアルテクニック

頭骸骨セラピーの一種で、頭蓋骨や骨盤などの動きのリズムを正常化させ、自律神経のバランス改善、治癒力の向上、ストレスの放出、ホルモンバランスの正常化など、身体の不調を改善していく上で欠かせない様々な効果を導きます。

不眠症、ストレスの改善、自律神経の疾患、またホルモンバランスの乱れから生じる各種の症状に効果が期待できます。

実際に、クラニアルテクニックでの施術中にも眠ってしまう方が大多数です。「また、眠ってしまったよ」とばつの悪そうに言われる方もありますが、施術中に眠ってしまってもかまいません。

4⃣JNT自律神経調整法

上下の交感神経、迷走神経・太陽神経叢等にアプローチして交感神経と副交感神経バランスを整えます。

その他、患者さんの各種症状に合わせた施術も加えて施術を行っております。

さらなる改善のために

自律神経系の疾患は、回復の兆しが見え始めると急速に良くなります。

でも、場合によっては、生活習慣、ストレスの多寡、性格や体質にその根本原因がある場合があります。

これらを変える事は容易とは言いませんが、生活習慣やストレスの多寡は、後者の性格や体質に比べたら変えやすいでしょう。

生活習慣の中でも、一番効果があるのが、充分な睡眠時間の確保です。

睡眠時間が短いと、それ自体がストレスになりますが、ストレスに弱くなり、交感神経と副交感神経バランスも崩しやすくなります。また、身体の不調も発生しやすくなります。

難しい事も多いですが、規則正しい生活、飲酒を控える、食生活の改善、散歩でもかまいませんので適度なスポーツ、趣味を楽しむこと、意識して良く笑う事、等々も効果的です。

お説教のようで申し訳ありませんが、早く毎日を笑顔で過ごせるようになるためにも、施術と同時に、可能な事から生活の改善に努めて頂けたら、早期の改善にもお役に立つと思います。

JNカイロプラクティック整体院Aya

症状別の説明:
うつ、自律神経系の症状
頭痛、慢性疲労、ストレス
自律神経系の疾患
肩こり・首の痛み
腰の痛み(腰痛)
膝の痛み(膝痛)